Breaking News
Home / 勉強会レポート / 【勉強会レポート】WALT Boot Camp Vol.1 Bitcoin API 勉強会の様子

【勉強会レポート】WALT Boot Camp Vol.1 Bitcoin API 勉強会の様子


勉強会の概要

10月1日(土)はFinlabにてbitcoin APIを使ってWebアプリを作る勉強会でした。
この勉強会に参加することでbitcoin APIを学び、さらにGemを利用することで
実際に送金やウォレットを作成しようといったものです。
勉強会はbitcoin APIやGemの概要を解説した後、
実際に手を動かして実装を行っていきました。

14513615_877781812354334_571410961_o

勉強会の見どころ

今回の勉強会の見どころは何と言っても
ただBitcoinAPIを使うだけではなく
実際にBitcoinを使用することができたことです。

勉強会で使用する分+αで約4000~5000円分ほど
ビットコインをいただきました!!
さらに講師の方は、小学校6年生の時に
「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2012(15歳以下の部)」
で最優秀賞を受賞など華々しい経歴を持つRubyのスペシャリストです。

仮想通貨として有名なBitcoinですが、
実際に触った(?)、所持している人はまだまだ少数かと思います。

そういった中、勉強会が終わる頃には、
ビットコインについて語れるビットコイナーになりうるということです。

 

勉強会でやったこと

さて、いざBitcoinApiを使ってみると言っても
初見の自分には何がなんだかさっぱり分かりません。
講師の方の話を聞きながらすすめていきました。
14489782_877781622354353_237860333_o

railsが既にインストールされていればすぐに始められます。
railsのバージョンは特に関係ないです。

実際にmacではなくwindows10+vagrant+centos7でも問題なく動いたので
最悪macじゃなくても仮想環境で同じようなWebアプリが作成可能です。

ターミナルでdesktopに移動して

もしインストールしていなければrbenvを使って
パソコンにインストールしてください。

Bitcoin API

まずはBitcoinAPiである「block.io」というサービスを使用します。
非常に扱いやすいAPIで公式サイトによるとわずか3行ほどでアプリを
作れてしますそうです。

サインアップをして自分のアカウントを作成します。
この時Secret PINは必ず覚えておいてください。
またAPIKeyもコピーしておいてください。

その後、約3000円分ほどのビットコインをいただいたところで
先ほどコピーしておいたapikeyとpinをconfig/initializers/block_io.rbに記述します。

次にgemを使用してRails側の操作を行っていきます。

gem ‘block_io’

今回の勉強会で使用したのはblock_ioというGemです。
このgemを使用してBitcoinAPIを手軽に操作することが出来ます。

Gemfileに’block_io’を追加してbundle installすることで準備は完了です。

APIを使って残高を表示させる

ではAPIを使ってBitcoinの残高を表示させます。
ドキュメントはこちら

まずは、コントローラーを作成してコントローラーを編集していきます。

次にルーティングの設定をします。

次にViewにコントローラーで取得した残高を表示させます。

これだけです。

・・・
え、これだけ?

とてもびっくりしましたが現在の残高がちゃんと表示されていました。
2016-10-04

APIを使って送金をする

次に新しくアドレスを作成しそのアドレスに最初に作成したアドレスから
ビットコインを送金してみましょう。

まずはコントローラーに新しいアドレスを作成する機能と
ビットコインを送金する機能を追加します。

次にコントローラーに追加した分だけroutes設定を追加します。

Viewに数行追加します。

わずかこれだけで、「Newaddress」をクリックして追加したアドレスへ
「send 0.0001 BTC」を押した回数だけビットコインを送金することが出来ました。
2016-10-03

このようにgemを使用したBitcoinAPIで
様々な操作をさせることが出来ました!!

わずか数行であらゆることが出来てしまうだけでなく
非常に扱いやすいAPIだということがよくわかります。

 

デモを実装してみる

14522141_877781625687686_285686013_o
ここまで来たところで、実際にbitcoin APIを使って
簡単なWebアプリを作るとになりました。
APIでどういったことが出来るか等は、
Documentにあるので各々作業に取り掛かりました。
どれも非常に扱いやすいため比較も難しいですが
高頻度で使いそうなのが下の3つだと思います。

  • Withdrawa
  • New Address
  • Get Current Price

そこで今回はユーザーを作成しそのユーザーがアップロードし
その画像を気に入った人がオリジナルのアドレスから
0.0001bitcoinを送金する機能を実装しました。

少しイメージしづらいかもしれませんので
デモのキャプチャ画像を確認します。

2016-10-00

複数のアーティストがユーザーとして表示されています。
このように複数のユーザーごとにサムネイルがあり
気になった画像のユーザーの詳細を表示させることが出来ます。

2016-10-02

そのアーティストを応援したいと思えば
0.0001bitcoinを送金できるようになっています。

2016-10-01

ちゃんと動作しているようで良かったです。
もちろんこれらの機能もコードをゴリゴリ書く必要はなく
ほんの数行で実装できてしまいました。

 

デモ発表

最後は一人ひとり実装したデモの発表をしました。
14536637_877781632354352_1017843598_o

じゃんけんで勝った人が参加費を総取りするデモや
ビットコインの価格を複数の通貨で表示させるデモなど
とても興味深い発表が多かったです。

勉強会の感想

Rails自体を詳しく知っていたわけではなかったので
前途多難だった場面が有りましたが、
アドバイスをいただきながら進めることが出来ました。

お昼に食べたとんかつ弁当は用意してくださったもので
参加者全員美味しくいただきました!!
14571901_877781639021018_1987166835_o

その場で何かを作るという経験がなかったため
初めてのことばかりでとても楽しかったです。

ビットコインを実際に扱ってみて一番感じたことは
ビットコインを扱うことが想像以上に簡単だったことです。
ちょこっとコードを書けば、仮想ではありますが実際の通貨を
送金出来てしまうことにとても魅力を感じました。
そしてこれは余談ですが
取引手数料が高すぎでした。
もちろん元々の送金額が少ないだけなので
本来は決して高すぎる額ではありません。

それでも開発中にワンクリックするたびに送金額の十倍以上も
手数料で取られていたのは笑ってしまいました。
こういったことを知ることができたのもこの勉強会に
参加したからだと思います。
とても良い経験ができた勉強会でした。

 

企業の紹介

ーーーーーーーーーーーーーーー
WALT株式会社とは
ーーーーーーーーーーーーーーー
WALT株式会社は2016年6月に設立された企業です。
Bitcoinウォレットサービス「WALT(ウォルト)」を提供しています。

コミュニケーションBitcoinウォレット「WALT」
http://bankwalt.xyz/

ーーーーーーーーーーーーーーー
TECH_SALONとは
ーーーーーーーーーーーーーーー
TECH_SALONは「楽しいエンジニアイベントを!」をコンセプトに、

ファーストキャリアを技術職として歩んでいきたい学生のための、

スキルアップ・キャリアアップの機会を提供していくコミュニティです。

これからのIT世界を担っていく若手エンジニアにとって、

成長の機会となるような場を多く用意しています。

これまでに、30回以上の勉強会の開催20社以上のITベンチャー企業とのコラボ、

延べ300名近くの方々にプログラミング教育の場を提供してきております。

HP : http://tech-salon.com/

Facebook : https://www.facebook.com/techsalon.page/

Twitter : https://twitter.com/SNS_SALON


About Norio.

興味本位だけで生きてます。 機械学習のクラスタリングをひいひい言いながら勉強してます。

Check Also

14449044_636336903206071_8433563234841605190_n

【勉強会レポート】Elixirってどんな言語?Elixirを使ってFizzBuzzを解こう!の様子

1.勉強会の概要 GO言語以降 …