Breaking News
Home / プログラミング / Ruby / Ruby on Rails / 【知らないと恥ずかしい!】よく使うRuby on Railsのgemパッケージ集

【知らないと恥ずかしい!】よく使うRuby on Railsのgemパッケージ集


「gemパッケージを使いこなす人は、Ruby on Railsを制する!」と言っても過言ではありません。

そこで今回は、Ruby on Railsの初心者に知らないと恥ずかしい、プロのエンジニアがよく使うgemパッケージを紹介していきます。

 

画像投稿機能 gem “carrierwave”


 

FacebookやTwitterのように、画像を投稿させる機能をつけたいことはよくあると思います。

そんな時に使うのが “carrierwave”というgemパッケージです。

1.まずはcarrierwaveのファイルを書いてbundle installしましょう!

2.画像を保存したいモデルにimageカラムを追加します(ここではproduct)。
3.carrierwaveアップローダーを作成します。
4.productモデルにアップローダーを紐付けします。

 

5.rails db:migrateをしテーブルを作成しましょう。

6.画像を表示させます。

画像表示は、見やすいサイトを作る上で必須の機能です。ぜひ、頑張って導入してみましょう。

 

ページネーション機能 gem “kaminari”


 

1ページに20個30個といくつも表示されていると、ページの表示が遅くなったり、ユーザーにとって探すのが大変なものになってしまいます。そこで、ページネーション機能を用いて見やすいページにしましょう。

f:id:nipe880324:20141108204010p:plain:w320

1.kaminariパッケージをbundle installしましょう!

2.Itemの表示をページネーションさせます(items_controller.rb)。ここでは1ページに10個表示させます(.per(10))。

3.表示させます。

これで終わりです。ページネーションはページの美しさのためにも必要な機能です。アイテムが多くなれば必須の機能です。導入してみましょう。

 

bootstrapの導入 gem “bootstrap-sass”


 

bootsrapは簡単にwebデザインを編集できるCSSフレームワークです。bootsrapを用いれば簡単にレスポンシブデザインを作ることができます。導入も簡単ですので、ぜひ利用してみましょう。

1.まずはbootstrapパッケージをbundle installしましょう!

2.bootstrapを適用させます。

これでbootsrapをRuby on Railsでも利用することができるようになります。美しいWebデザインを完成させましょう。

検索機能 “ransack”


 

ホームページに検索機能をつけたいことはよくあると思います。ransackの導入は意外と簡単です。

1.ransackパッケージをbundle installしましょう!

2.検索機能の実装。コントローラーを修正します(ここではpruducts_controller.rb)。

モデルやコントローラーはオリジナルに実装してみましょう。

 

まとめ


 

いかがでしたでしょうか。

Rubyon Railsで開発を行う際には、gemパッケージをよく使うことになります。簡単でよく使うgemパッケージから導入をして、より綺麗なコード、よりユーザビリティの高いサイト作りをしていきましょう。

 

 


About hajime

hajime
保育士資格所有する理系大学生です。

Check Also

elixir

【今Phoenixが熱い】Elixirのおすすめ書籍4選!

ElixirとPhoenixが …