Breaking News
Home / プログラミング / C / 【初心者必見!】配列を使ってシンプルに書こう!

【初心者必見!】配列を使ってシンプルに書こう!


エンジニア

C言語のみならず,プログラミング初心者の方々にとって,配列は沢山のデータを扱う上で必ず習得しなければならない機能です.

特に初心者の皆さん,変数が沢山必要だと思って,似たような変数を複数宣言していませんか?

本記事はそのような初心者必見です!

例えば,以下のコードを見てみましょう.

上記のコードは,A君がテストを行ったときの5教科分の点数です.このように沢山の変数がエディタ上に並ぶと,非常に読みづらくなります.これはまだ変数の数が少ないため読めますが,仮に50個ともなれば,変数だけで読むのが辛くなってしまうでしょう.

配列とは

そこで,プログラミング言語には,配列があります.

配列とは,「同じ型の値をまとめて宣言できる」ものです.同じ型同士の要素をまとめて入れられる大きな箱のイメージです.

早速,配列を用いて上記のコードをまとめてみましょう.

このように,「型名 変数名[箱の数]」と宣言します.

がプログラム内部に生成されます(表示されるわけではないです).おそらくプログラミングを始めてから配列を初めて扱う方にとっては疑問に思うところがあるかと思います.なぜ配列名の横の数字(以下「添字」と明記)が4までなのか,添字を指定しなかったらどうなるのか,など色々あると思います.

実はプログラミングにおいて,配列の添字は0から始まり,最後の添字は「要素数 – 1」となっています.

つまり先程宣言した「score」配列には,添字5が存在しません.もし,存在しないことを忘れて,score[5]としてしまうとエラーが出るので気をつけましょう.

 

配列を使うメリット

配列は要素を出力するときに本領を発揮します.配列を使わなかった場合を考えてみましょう.

となります.当然5つ出力しようとしているので,必然的に5個分の出力文(printf)が必要となりますね.

では,配列を用いた場合を見てみましょう.

となります.どうでしょうか.最期ほどの出力文より分かりやすく,かつ,シンプルになっていませんか?

最後に,実際に動かしてみたい人のために,以下にサンプルコードを載せます.

まとめ

いかがだったでしょうか.

今回は配列について扱ってきました.今まで書いていたコードを見直して配列で書き直すことができそうな所があれば,変えてみてはいかがでしょうか.

配列を使って読みやすいコードを書きましょう!

 


About ItoYuichi

ItoYuichi
富山で学生やってます. 最近では主にRubyを扱っていますが,もともとC++でゲーム作ってました. 形式手法の勉強中です.

Check Also

325h

【初心者必見!】C言語におけるポインタの性質

皆さん,C言語のポインタが難し …